車検の扱い

自動車の廃車と買取の際の車検の扱い

車を廃車することにしても、色々と手続きが面倒だし、お金もかかってしまいそうだと不安になったら、まずは廃車買取会社に見積もりを依頼してみるのがおすすめです。
車を廃車するためには確かにさまざまな手続きや費用が発生します。車検証やナンバープレートなどは住所地を管轄する陸運局で抹消手続きを行った上返却します。

車にかけていた任意保険は契約先の保険会社に連絡をして解約し、リサイクル料金を預託していない場合にはべるにリサイクルに関する費用が発生します。自動車税は廃車した月に応じて月割りで返還金の申請をすることで税金が返還されます。そのほかに車を廃車する場合には車の移動などさまざまな費用や手続きが必要です。

こうした面倒な手続きを代行してくれるのが廃車買取会社です。まずは自分の車がどれくらいの価値が残っているものなのかを簡単に査定してもらうことで大まかな査定額の目安を知ることが出来ます。電話で申し込んでも良いし、インターネットで車種や年式などを入力することで大体の金額がわかるサービスもあるので、正式な見積書をとる前に、まずはこうしたところを利用してみることがおすすめです。

そして実際に買取会社を絞り、見積もりをとってみると、同じ車なの見積もり金額が全く異なることが珍しくありません。たとえ古い年式の車種であっても、その車を必要としている会社にとっては査定額は高めになる理由になるし、自分が思っているよりも高い価値が見出せることも少なくありません。
ただし、廃車手続きをする前に、車の名義がどうなっているかと、車検が切れていないかという点については事前にきちんと確認しておく必要があります。

車検の有効期間は有効期間の満了する日を確認し、その期限が過ぎてしまうと公道は走れなくなるので注意が必要です。もしも車検証の有効期間が超過していたら自賠責保険の有効期間がまだ残っているかどうかを確認し、残っている場合には仮ナンバーを申請することで公道を運転できる可能性があります。

通常は居住する市役所などで、車検証と自賠責保険、運転免許証、認印、手続きにかかる料金を添えて申請することで貸し出しをしてもらうことが出来ます。
廃車の手続きを代行してもらうときには車の名義や、住所を変更しているかどうかといったことでも提出する書類や手続きに必要な費用が変わってくるので、事前によ買取会社に相談して確認しておくことがおすすめです。”