走行距離

走行距離の多い車でも廃車買取に売却できる

何年か車に乗り続けた場合には、買い替えを検討することが多くなると思います。車の処分方法としてはディーラーに下取りに出す方法や、中古車販売店に売却することを考える人が多いと思いますが、これらの業者の査定では走行距離についても確認が行われます。一般的に中古車販売業者の査定では、走行距離が10万kmを超えているときには過走行車と判断されて買値が付かないことが多くなります。過走行車のときには、ディーラーや中古車販売店に持ち込んでも買い取ってもらえずに、逆に廃車にするための手続き料金を請求される可能性があります。中古車としての価値がないと判断されたときには、そのまま処分することを考えるかもしれませんが、諦める必要はありません。

日本には中古車販売店とは別に、廃車について取扱いをしている買取店が存在しています。廃車買取の専門店であれば、アジア地域への輸出をするための販売ルートを確立していて、日本では状態が悪いと判断される車であっても買い取ってくれます。また、自動車としての需要が見込めないものであっても、日本車に使用されている部品やパーツは良いものが多いですので、分解することで部品やパーツを販売して再利用することができます。廃車を扱っている業者ではこれらのノウハウを持っていることから、自動車そのものとして再販売ができない車であっても買い取ってもらえる可能性が出てきます。事故車や不動車、過走行車などの状態の車であっても、買取りの対象としている業者がありますので、試しに査定を受けてみると良いでしょう。

自分で処分するときには費用がかかることを考えると、いくらかの料金で買い取ってもらえたらお得です。廃車の処分を行うときには様々な書類が必要となり、自動車車検証や実印、印鑑証明書、住民票、納税証明書などを用意しなければならないことが考えられます。
廃車買取に査定を依頼した結果として値段が付かない場合もありますが、無料で引き取ってくれるサービスを行っている業者がありますので、面倒な手続きを自力で行うことや費用をかけるのであれば、廃車買取に依頼をするメリットは大きいと言えるでしょう。自分でどこの業者に売却できるのかわからないときには、ネット上の一括査定サイトのサービスを利用することもおすすめできます。複数の廃車買取業者に査定依頼ができますし、それぞれの業者が提示した見積もり価格を比べてから売却先を決めることが可能になります。”